入社のきっかけ

スキルも経験もなかったが、「人当たりの良さと、話好き」という点を評価してもらえた。

前職は玄関マットのルート配送をしていました。なかなかの重労働で腰を悪くしてしまったのが転職のきっかけです。

事務作業はあまり向いていないかなと思い、営業職で仕事を探し始めました。転職支援という仕事自体は知っていましたが、その時点では考えていませんでしたね。

もともと子供は好きだったので、保育園に携わるアスカの求人を見て、何となくいいなと感じていました。ですが、いざ1週間後にエントリーしようと思ったら、求人が終了していて、再度掲載されているのを見かけた時には、今しかない!という感じで応募しました。

営業には成績が付きまとうと思って不安でしたが、面接で話しを伺って、チーム一丸になっているというイメージが良かったです。実際に入社してみても、全く個人主義の雰囲気はありませんでした。

入社後にチラっと聞いたことがあるのですが、「人当たりが良く、話すのが好き。」という理由で採用になったようです。

未経験で入った仕事の実際

詳しい研修があるので、知識・スキルが足りなくても戸惑いませんでした。

入社後は、新人研修があるので、戸惑うことは少なかったと思います。

求人作成研修・契約書作成研修・営業ロープレ・園見学・システム研修、法律研修など、必要な知識は入社後に身に着けられました。3年経った今では、私自身が講師をやるときもあります。

仕事内容ですが、広島支店は中国地方、四国地方を担当しています。受け持ちの園は100園くらいです。求職者の面談が入っていない時は、求人原稿を魅力的にするために、園へ取材へ行ったり、過去にお手伝いした求職者さんに会いに巡回をしています。

求職者の面談は週に3名くらい。11月から3月までは保育士さんが次の期に向けて転職活動をするので、いわゆる繁忙期です。その時期になると、週に10~15名の面談を行います。

転職支援という仕事の醍醐味

一人一人の悩みに向き合い、「ありがとう」のご縁が増えるのが一番の魅力です。

人材ビジネスは商品を扱っている営業ではありません。一人一人希望や悩みも違います。それは保育園側にとっても同じです。保育園を訪問する人材紹介会社が少ない中、アスカは園に伺うことを大切にしているので、求人票だけでは表わせない「実際」を見ることを大切にしています。「直接来てくれるのはおたくだけだよ」と言っていただけるのは嬉しいポイントです。

面接に同行もするのですが、その時は求職者の目線に立つことを心がけています。ここで働きたいかどうかの意見交換もしますし、面接を通して私自身の気になった点があれば、良い点だけでなく悪い点もお伝えしています。

初めて転職支援が成功した時のことは、嬉しくてすごく覚えています。入園が決まったあとに、チャットツールで支店に報告を入れたのですが、事務所に帰ると皆さんが「おめでとう」と喜んでくれました。

昨年、ある園に2名の求職者が入園したことがありました。久しぶりに園に訪問した際、その時の求職者さんが玄関で迎えてくれて、感謝のメッセージまでいただきました。こういった人とのつながりが増えていくところが、この仕事の魅力だと思います。

このようなご縁を少しでも増やしていけるように、これからも誠心誠意転職のお手伝いしていこうと思います。

求人を見る

INTERVIEWS

東京支店 井原 まゆみ

大宮本店 島村 一恵

新潟支店 須佐 美月

つくば支店 平林 真実

福岡支店 甲斐 雅也

仙台支店 今野 愛実

大宮本社 木津 真理子

宇都宮支店 清水 咲

八王子支店 水越 睦代